働く女性にとっての「産みどき」って?

子供の産みどきって、いつなんだろうって考えてみました。
確かに産める年齢の上限は、医学的にも決まっているから、それまでの間であることは間違いないのだけど、10代で産む人もいれば、40代で産む人もいます。
結婚適齢期と同じで、子供の産みどきもその人自身が自分の体力や気持ちを考えながら決めればいいんだろうと思います。

子供を産めば、間違いなく生活が一変します。
自分中心、夫婦中心の生活から子供中心の生活に変わっていきます。
その変化に上手に対応していけるだけの心や体、そしてお金のことも考えた上で、産む選択をして欲しいと思います。

キャリアをもつ女性なら、なおさらだろうと思います。
今の生活を変えたくない、自分の時間も欲しい、仕事もこのまま続けたい、趣味もやめたくないし、海外旅行にも行きたいし...なんて考えているうちは、子供を持つべきではないと思います。

一人の人間を親として責任を持って一人前に育てていくわけですから、その自覚と覚悟が必要です。
でも、自分のやりたいことを子供のために諦めるのではなく、子供と一緒に楽しむ時間を作るために、その時間をどう捻出するかを考えるのです。
子育ては、自己犠牲の上には、決して成り立たないものだと思います。

いきなり妊娠がわかって、オギャーと子供が生まれれば、その日から、ハイッ、あなたがママよって具合に親になるわけですから、昨日まで子供だったのに、急に親になれっていうのも酷な話です。
ましてや会社勤めをしてバリバリ仕事をして、収入を得るのとは違い、いくら頑張っても自分を評価してくれる上司も部下もいないし、励みになるのは、子供の笑顔だけ。(笑)

一緒に泣き叫びたくなることもありますよ。(笑)

だから、自分のやりたいことをある程度、納得いく形でやってしまって、多少、生活が変わっても“子育て”という新しい仕事を楽しめる気持ちとお金の余裕を持てた時、その時が、きっとその人の“産みどき”だろうと思いますね。