高齢出産と不妊症

高齢出産の実情と問題点

実際に「高齢出産」と呼ばれるのは、35歳を過ぎての初産、または、40歳以降での2度目以降の出産を指します。
女性の社会進出により、結婚より仕事を選択する女性が増えました。それによって初婚年齢が上がった事や、結婚後も仕事を続ける女性が増えています。駆け込み出産なんて言われることもあります。

現在、最も多い出産年齢は25歳~30歳で、正確には、35歳以上の初産を高齢初産といって、35歳を境に医学的に妊娠中や、分娩中のトラブルが発生しやすくなるので気をつけましょうということで、34歳以下の出産と区別します。

たとえばよく言われる「ダウン症候群」ですが、発症の確立が20代では約1000人に1人なのに対し、40歳では100人に1人という統計があります。

高齢出産と呼ばれる時期の妊娠時に多い要素としては、年齢と共に卵巣の機能が低下し、卵巣ホルモンの分泌バランスが崩れて行くため、多少、妊娠しにくくなったり、子宮内に着床しにくくなって切迫流産、切迫早産になりやすい、妊娠中毒症を起こしやすいなどがあげられます。

高齢出産の出産時の問題としては、お産のときの微弱陣痛や子宮頚管が柔らかくなりにくく、子宮口の開きや膣、会陰などの伸びが悪くなって、吸引や鉗子分娩、帝王切開になることがあり、また分娩に時間がかかる事が多くなったりと、母体にも負担がかかりやすくなります。

こういった難産の場合、出産後の母体の回復が遅くなるというマイナス面もあります。また、ダウン症などの染色体異常児の発生率が高くなり、子供に対する影響も否めません。

高齢出産で2倍人生を楽しもう!

高齢出産には、リスクが多く、どうしてもマイナスイメージが強いのですが、普通の出産でも母子共に危険は付きものですし、出産は女性にとっての命を生み出す大事業であることには変わりはなく、高齢出産だけがリスクが高いとは思いません。

高齢出産のメリットをここで考えてみたいと思います。
30代後半というと、どんな人でもそれなりの人生経験を積んできていますから、精神的に成熟していて、ある程度、人生観もしっかりしてきている時期でもあります。出産後、赤ちゃんを思いやる気持ちにつながると思いますし、子育てについてもその人生観が役に立つと思います。

そんな時期にタイミングよく妊娠した場合、幸せに感じる反面、初めて子供を産み育てるのですから、期待よりもむしろ不安も大きいと思います。
でも、日に日に成長し、かわいくなる我が子を見ながら、どんな仕事や遊びよりもやりがいを感じられると思います。

高齢出産者は、これが最後のチャンスかもしれないという思いもあってか、また、自分の目と判断力を持っているせいか、産院選びからすでに積極的で、正しい情報を仕入れるノウハウもきちんと持っている場合が多いようです。

そうして妊娠・出産を積極的に受け止めるのは、若い頃よりはリスクも抱える分、達成した時の喜びが大きいというのもあると思いますし、自分自身を大切にすることも知っているから、仕事と子育てで2倍、人生を楽しめるのかもしれません。

高齢出産のハイリスクとハイリターン

高齢出産というと、どうしてもマイナスイメージが先行している気がします。
さまざまな医学的リスクを抱えている高齢出産ですが...実は、妊娠中は「自分はリスクを抱えている」という意識から、積極的に食事に気をつけたり、よく歩いて体重管理に気を配ったりするから、お産も案外軽くて済んだり、何より精神的な充実度が高いので、内側からどんどんキレイになっていったりもするのだそうです。
イメージとは裏腹に、結構プラスの面もあるんですよね。

この若返り現象は、産後も続くと言われています。
世の中には、いわゆる「お母さん年齢」というものがあって、小さい子どもを抱えていると、実際の年齢より若く見られることが多く、「気だけは若いから!」なんて実年齢のわからない人ってたくさんいますよね。
また、無事妊娠・出産したことで、「自分の体が信頼できるようになった」という人もいるようです。リスクが自信へと変わったのかもしれませんね。

確かに高齢出産では、産むのにも、またそれ以上に子育てにもかなりの体力と気力が必要です。
でも、その体力の足りない部分は、知恵が働くのです。
出産に限らず、どんなことでも知恵は必要ですし、それによって簡単に解決できてしまうこともあると思います。体力が続かないと思ったら、上手に息を抜く方法がパッとひらめいたりするのです。それがほんの少し年を重ねているメリットだと思います。

“母は強し”なんて言いますが、私も出産を経験したことで、随分、精神的に強くなったと思いますし、少々のことには動じなくなった気がします。
自分が1つの命を胎内で育て、産み出す力を持っていたということに驚きと誇りを感じますし、親のありがたさも身にしみて感じられるようになりましたね。

高齢出産には、ハイリスクがある分、ハイリターンもあります。
しかし、育児には、どんな人にもリスクはないと思っています。

子供を大切に育てることは、世の中のお母さんの仕事であり、産んだ者の責任だと思うからです。
人それぞれに体力も違うし、生活環境も違うでしょう。でも、その中からそれぞれが“自分の子育て法”を見つけていければいいのだと思います。
育児書通りに子供は育ってはくれません。お母さんの知恵と愛情によって、すくすく元気に育っていくものだからです。お母さんと子供の関係には、年齢は関係ないですよね。

不妊症の現状について

一般に、避妊していないのに結婚して2年間妊娠しない場合、不妊症とみなされます。
現在、妊娠を望みながら不妊症に悩む夫婦は10組に1組といわれ、その原因としては、近年、女性の社会進出によって晩婚化が進み、さらに妊娠可能な年齢と仕事による充実感を感じられるようになるのが同時期であるために、結果的に気がつくと妊娠や出産を考える年齢が高くなっています。

結婚や子育てよりも自分のライフスタイルを大事にしたいと思う女性が増える反面、晩婚化→少子化→不妊症潜在化という構図も見え隠れします。
一方、「できちゃった結婚」が普通になりつつある10代のカップルに比べ、30代後半で妊娠を考えるカップルの増加といった二極化も一助をなしているようです。

でも残念ながら、医学的には年齢が若いほど妊娠率は高く、卵巣は38歳でガクンと老化が始まり、妊娠は45歳がほぼ限界といわれ、加齢とともに子宮内膜症など不妊症になりやすい病気も増加します。
不妊症の原因は、女性のみ41%、男性のみ24%、 男女両方にあり24%、原因不明11%で、男女両方に不妊症の原因のあるご夫婦が約4組に1組あります。

しかし、女性不妊症の治療は産婦人科で、男性不妊症の治療は泌尿器科で行われており、不妊症の治療方針を決める時に、産婦人科医と泌尿器科医の方針が食い違うケースも多く見られ、治療を受ける側としては、やはり不安が残ります。

最近では、ストレスなど様々な要因により精子数が減少してきており、これからますます男性不妊症の患者数が増加する傾向にあります。しかし、男性不妊症の診断、治療、手術を個人病院レベルで実施できる施設は日本にはごく少数しかないのが現状です。

不妊症の原因について

不妊症の原因は、以前は、女性のせいだと言われていましたが、最近では、最近では男性不妊も少なくなく、不妊カップルの約半数は男性に原因があるといわれています。
両方に異常がなくとも約1割は原因不明の不妊症というものもあります。

不妊症の原因は以下のようなことがよくあげられます。

【男性の場合】
① 造精子機能の異常;成人近くなっておたふく風邪(流行性耳下腺炎)にかかり、精子を作る副睾丸の機能が低下することがある。
② 性機能障害(ED;勃起不全など)
③ 通過障害;精子を運ぶ通路(精管)が閉塞している

【女性の場合】
① 排卵障害による不妊
② 卵管性不妊;内膜症やクラミジアなどが存在し卵管が癒着し卵子をうまくキャッチできない
③ 着床障害;筋腫などで内膜の状態が悪く着床できない

約10組に1組は不妊症ともいわれます。対策として、卵子を培養して精子を加え受精させ子宮内へ戻す体外受精や、顕微鏡下で卵子の表面の透明帯をやぶり精子と受精させる顕微授精などが増えてはいますが、非常にデリケートな問題でもあります。

そこに到達するまでに夫婦間で充分な対話がなされていないと、夫婦喧嘩の元となったり、また男性はデリケートですので妊娠しやすい日を設定され、かえってED(勃起不全)のような形になり、悪循環となるケースもあります。

また、35歳くらいまでは妊娠したくないから、生理痛や生理不順があってもまあいいかと放置していて、でも、そんな体の不調の陰には内膜症や筋腫、果ては子宮ガンが隠れており、いざ妊娠をしたい時にはそれが叶わない、といった悲しい思いをすることもあり、仕事を優先するあまり気がつけば出産ギリギリの年齢、駆け込みで妊娠につなげる方も増えています。

妊娠は大切な人と家族を作るための方法です。
あせらずに、また、まだ先のことと考えずに、今すぐ子供を欲しくないと思っている人も、基礎体温などつけて不妊予備軍にならないように気をつけるとともに、相手の立場になり、思いやる気持ちも大切にしましょう。

不妊症の治療について

不妊症の治療は、体力的にも精神的にもきつく、また根気よく続けて行かなくてはいけない治療です。

主なものとして、以下のようなものがあげられます。

【排卵誘発法】
・クロミッド...最も一般的な排卵誘発剤で月経開始後5日目より5日間服用します。(1日1~3錠)
・HMG-HCG療法...強力な排卵誘発作用があります。

【卵管不妊の手術的治療】
・顕微鏡的手術...顕微鏡を用いた手術で卵管の癒着剥離や吻合を行います。
・卵管鏡下卵管形成術...カテーテルで卵管閉塞を治療します。

【AIH(人工受精)】
精液を子宮腔内に注入する方法で、精子の濃縮も行えます。

【体外受精(IVF-ET)】
卵巣から卵子を採取し、精子と受精させ、2~5日間培養して分割した卵を子宮に戻す方法。
卵管の通過性が悪い人などに有効で、妊娠率は25~30%程度です。
最近では受精卵を5日間培養し、杯盤胞にまでして戻す方法もあります。

【GIFT】
卵巣から卵子を採取し、精子と卵管の中に戻す方法。

【顕微受精(ICSI)】
精液所見不良の場合に精子1匹を直接卵子に注入し、受精させる方法です。

こうして並べてみただけでも、経験のない自分には想像しづらいものばかりですが、どうしても子供が欲しいと思っているにとっては、どんなに苦しくても辛くても望みを繋ぐ最後の手段と言えます。

これらの治療の他に最も大切なのは、メンタルケアだと言われています。
長期にわたっての治療ということと、デリケートな部分の問題であるために治療方針や将来設計に不安をもつ人が多く、また周囲の心ない一言で深く傷つくこともあります。
心と体のバランスを保つこと、また保てるような治療体制を望みたいものです。