高齢出産の実情と問題点

実際に「高齢出産」と呼ばれるのは、35歳を過ぎての初産、または、40歳以降での2度目以降の出産を指します。
女性の社会進出により、結婚より仕事を選択する女性が増えました。それによって初婚年齢が上がった事や、結婚後も仕事を続ける女性が増えています。駆け込み出産なんて言われることもあります。

現在、最も多い出産年齢は25歳~30歳で、正確には、35歳以上の初産を高齢初産といって、35歳を境に医学的に妊娠中や、分娩中のトラブルが発生しやすくなるので気をつけましょうということで、34歳以下の出産と区別します。

たとえばよく言われる「ダウン症候群」ですが、発症の確立が20代では約1000人に1人なのに対し、40歳では100人に1人という統計があります。

高齢出産と呼ばれる時期の妊娠時に多い要素としては、年齢と共に卵巣の機能が低下し、卵巣ホルモンの分泌バランスが崩れて行くため、多少、妊娠しにくくなったり、子宮内に着床しにくくなって切迫流産、切迫早産になりやすい、妊娠中毒症を起こしやすいなどがあげられます。

高齢出産の出産時の問題としては、お産のときの微弱陣痛や子宮頚管が柔らかくなりにくく、子宮口の開きや膣、会陰などの伸びが悪くなって、吸引や鉗子分娩、帝王切開になることがあり、また分娩に時間がかかる事が多くなったりと、母体にも負担がかかりやすくなります。

こういった難産の場合、出産後の母体の回復が遅くなるというマイナス面もあります。また、ダウン症などの染色体異常児の発生率が高くなり、子供に対する影響も否めません。