妊娠・出産にかかる費用

もちろんですが「出産」は病気ではありません。「医療費」としては健康保険の適用外になってしまいます。私個人的には、補助金を設けるぐらいならいいと思うのですが、それはまた別の問題。

実際の費用に関しては、各病院のシステムによって金額が異なるのが現状です。
一般的に経過が順調であれば、安定月は月1回、後期になると2週間に1回、臨月になると毎週1回の合計10数回の検診を受け、1回当り数千円~1万円ほどかかります。

また、分娩費用は、病院の種類や設備・サービスによって料金に大きな開きがあります。一生にそうたびたびあることではないということから、豪華なお産をしようという考え方もありますし、心に残る自分らしいお産をしようという考え方もあります。

出産に関する総費用(入院・分娩費用、準備費用、内祝い)は、50~60万円程度かかりますが、病院によっても差があるようです。
ただ、健康保険に加入している人なら誰でも出産育児一時金(30万円)がもらえるので、多少高くてもサービスや満足度の高い病院で出産したいという人も少なくないようです。
立会い分娩がいいとか無痛分娩がいいというような要望のある人は、そのようなサービスのある産院を選びましょう。口コミやインターネットでも情報は得られると思います。

分娩費用は、公立病院、私立病院、個人病院などによって、それぞれ違います。

公立大学病院    25~30万円程度
公立総合病院    35~40万円程度
私立大学病院    30~40万円程度
私立総合病院    35~40万円程度
個人産院       30~80万円程度
助産院         30~35万円程度

また、無痛分娩では、2万円プラスがだいたいの目安です。
やむをえない理由から帝王切開を受けた場合は、保険が適用されるうえ、生命保険等の給付が受けられることもあるので、爆発的に出費が増えることはないようです。
休日・祝日は、平日の入院費の1~2万円増しが、深夜は、日中の入院費の1~2万円増しが目安です。

どんな形態の病院を選ぶかは、自分の目や耳で確かめて決めるのが一番ですが、最近では、自宅出産を望む人も増えているそうです。
個人病院でも助産師さんのところでも大きな総合病院や大学病院と連携は、ちゃんとできていますから、自分の納得のいくお産をするためにも、しっかり情報収集をして、流行や噂に戸惑うことなく、自分に合った産院選びをしてくださいね。