妊娠中にできる手続き

妊娠がわかったら母子手帳を保健所や市町村役場でもらいましょう。
その中には妊婦健診補助券(2回分)が含まれているので、初回の検診(検査)の際に使用することが出来ます。

また、出産のために会社を辞めた人は、失業給付金の手続き申請しましょう。失業給付金をもらうための条件は次の2つ。

「退職前の1年間に通算6ヶ月以上雇用保険に加入していること」
「失業中でも働く意志があり、求職中であること」

申請時期は、退職日の翌日から30日経過後の1ヶ月間のみとなっています。地元のハローワークで問い合わせてみましょう。 出産後すぐに働くことの出来ない人は、最高3年まで延長できますので、受給期間延長申請をしておきましょう。

そして、受給期間延長の期間内に、子育てが一段落したら延長解除の手続きに行きましょう。失業給付金(雇用保険)がもらえます。
何かとお金が必要な時期でもあり、こうした手続きを面倒くさがらずにやっておくと、とても助かりますよ。