産院選びのポイント

妊娠したかも?って思ったとき、最近では、妊娠検査薬で自分で簡単に調べることができますが、やはりちゃんとした産婦人科病院で見てもらいましょう。
産院選びのときは、まずは近所の経験者に聞いたり、口コミがいいと思うのですが、今は、インターネットも普及していて、自分で納得がいくまで探してみるのもいいと思います。

では、その選ぶポイントとしては、個々に基準が違うと思いますが、これだけは、抑えておきたいポイントを以下に挙げてみました。

【医師とのコミュニケーションがうまくとれるかどうか】
やはり何と言っても医師とのコミュニケーションが十分に取れるかどうかということです。
初産婦の場合は、すべてが初めてのことで、体の少しの変調も気になります。そんな時には、やはり医師と納得の行く会話が出来ないところでは不安が残ります。
検診で診察に行っても、聞きたいことが聞きづらい雰囲気であったり、時間がなかったりするところもあります。

【親切な助産婦がいるかどうか】
出産というと医師の技術や設備が頼りと思いがちですが、実際の出産までに欠かせない存在が助産婦です。定期的に行く妊婦検診の際に、いろいろと相談に乗ってくれます。親切で的確なアドバイスをくれる助産婦さんがいると心強いものです。

【出産法、母乳の考え方はどうか】
出産法や母乳での育て方にこだわる場合、施設や医師によって考え方が違うので、こだわる場合には確認しておくことです。母子同室が可能かどうかも聞いておくと良いでしょう。

【自宅からの交通の便利さと連携施設があること】
自宅からの距離が近いに越したことはないと思いますが、実際には陣痛が始まってから生まれるまでは、10時間以上かかることが普通です。距離というよりも、自宅から施設までの交通の便を気にするほうが良いでしょう。また、診療所などの場合は、対応できないケースで搬送される病院が近くにあるかどうかなども確認しておくと良いでしょう。

【その他(食事・母親教室・エステ) 】
病院などで施設が大きいと、食事はどうしても一括で作るので産科以外の入院患者と同じになってしまいますが、診療所などでは、シェフを雇って特色を出すなど美味しいと評判 の医院も増えています。退院前にフレンチのフルコースを出すところもあります。母親教室なども開催して、沐浴の仕方や授乳の仕方などを実施したり、エステなどをサービスしている場合もあります。

産院のそれぞれの特色もありますし、少子化社会を反映して産院も減少していると言います。これらのポイントをしっかり抑えた上で、自分に合った安心してお産のできる場所を探してくださいね。