妊娠初期の過ごし方

妊娠がわかった段階くらいから、つわりが始まります。
つわりが来て、妊娠に気づく人も...私もそうでした(笑)

でも、つわりがまったくない、という幸せな人もいますが、これはやはり個人差があります。
典型的な、食べられずに吐くというつわりもあれば、ただ眠い、イライラする、感情的になる、あるいは、もともとあった持病のようなものが出てくることもあります。

つわりのときは、辛いもの。仕事はどうにか調整をつけて休めるものなら、休んだほうがいいのですが、この頃は、職場に妊娠を知らせていない人が多いので、逆に妊娠を悟られず、気を使うことで、よけい具合が悪くなってしまう人もいるかもしれません。

私の場合は、仕事をしていたから、つわりだけに気持ちが集中しないでいられたので、軽く感じられたのかもしれません。
逆に2人目を妊娠した時には、いったん、仕事を辞めていたので、つわりもひどく、全く食事が食べられず、グレープフルーツとトマトだけで過ごしていた時期がありました。

つわりというのは、子どもができたということに対して、からだが反応していることで、つらい時期なのですが、気持ち的にも不安定になりやすく、周囲の理解もとても必要だと思います。
つわりの時期は、人によって違います。
普通、4ケ月に入るとつわりは治まると言われていますが、これは気やすめのようなもので、長い人は、産むまで続くという人もいます。

つわりの間は、食べられるものを、食べられるだけ、食べたいときに食べる。
この時期、栄養のことを考えて無理に食べる必要はありません。まず食べられないですね(笑)
胎児はほんの小さな存在ですから、それほど栄養を必要とする時期ではありませんし、母親がもし、やせてしまったとしても、問題はありません。
おなかがすくと気分が悪くなるという人は、職場にちょっとした食べ物を持参して、こっそり食べるといいかも。

いつ職場に報告するかは大きな問題です。
職場の状況や、流産の経験のある人は、安定期になるまで報告したくないということもあるかもしれません。
ただ、妊娠によって制度を活用できたり、職場でも配慮してもらえたりするので、個人的には早めに報告した方がいいと思います。

仕事上のことで迷惑をかけないためにも上司にだけは、遅くても妊娠3ヶ月くらいまでには報告したいものです。
報告する内容として、以下の項目について自分の考えをまとめてからするとよいでしょう。

①出産予定日
②仕事を続けるか辞めるつもりか、辞めるとしたらいつ頃か
③育児休業の取るかどうか、取るとしたらどれくらいの期間取るか

会社の意向もあると思いますが、今は、子供ができたらすぐ退職勧告をされるような会社は少ないと思います。この妊娠初期の頃は、体調の変化とともに気持ちの変化の大きい時です。

いろいろな不安を抱えることもありますが、「子供か、仕事か」というように決して結論を焦らないで欲しいと思います。
いざという時は、辞めることは、いつでもできますし、実際に子育てと仕事を両立している女性は、たくさんいるということを忘れずに迷ったら、まずは先輩ワーキングマザーに相談しながら、自分の気持ちに正直になって、ゆっくり考えてくださいね。