出産方法のあれこれ

出産と一言で言っても、その方法は、様々です。

■自然分娩(普通分娩)■
自然に陣痛が始まって、お産を進める一般的な方法です。
会陰切開や、特別な場合に陣痛促進のためホルモン剤を投与する場合もあります。

■ラマーズ法■
「ヒッヒッフー」の呼吸法で知られるお産の方法で、陣痛の際にこの呼吸法で痛みから気をそらします。
母親学級などでこのラマーズ法の講習があります。

■ソフロロジー法■
ヨガや座禅を取り入れたイメージトレーニングをします。
妊娠中からこのイメージトレーニングと呼吸法を行なうことで、陣痛の痛みも出産も怖いものではなく、喜びに満ちたものだと考え、リラックスした状態で分娩を乗り切ろうとするものです。

■アクティブバース■
特に決まった呼吸法や姿勢などがなく、陣痛やいきむとき、自分が最も楽な姿勢をとる方法。
主に助産院で行われています。水中出産などもアクティブバースの一つです。

■座位分娩■
座位分娩は通常の仰向きになって両足を開くという一般的な分娩と違い、座位分娩専用の分娩台に座り、上体を起こしたまましゃがむような姿勢での出産となります。
上体を起こしているといきみやすい、赤ちゃんが下りやすくなるなどのがメリットがあるようです。
設備がない病院ではできないことがあるため、事前に出来るところを調べておきましょう。

■LDR■
LDRのL(Labor)は陣痛、D(Delivery)は出産、R(Recovery)は出産後の体の回復。
これらを同じ部屋で全て行うことをLDR法といいます。
陣痛・出産・出産後といちいち部屋の移動をしなくてすむ出産方法です。
ただし、分娩台としても利用できる専用ベッドを使うため、設備のある産院でないと出来ません。

■立会い出産■
ご主人が一緒に分娩室に入り、出産に立ち会います。
もしも立ち会い出産を希望するのなら、ご主人にも母親学級に参加してもらったり、出産に関するビデオや本、検診にも何度か一緒に来てもらい、ある程度の出産の知識を身に付けてもらいましょう。

立会いはするけどそれ以外はノータッチ・・・では、せっかくのお産もだいなしになりかねません。
夫婦の愛情や信頼関係が深まるというメリットがあるとされている立会い出産です。出産はご主人の協力無しでは、乗り切れませんからね。

特別な場合の出産方法としては、

■吸引分娩、鉗子分娩■
分娩が長引いたり、赤ちゃんの首にへその緒が絡まっている、胎児の心音が弱まったときなど、緊急を要する場合に器具を使用し胎児を引き出す分娩方法です。
吸引分娩は、赤ちゃんの頭に吸引カップを密着させて、いきみにあわせて吸引力によって引っ張り出します。
鉗子分娩は、鉗子(2本で一対の大きなスプーンのようなもの)を使います。
腟の中に鉗子を挿入して、赤ちゃんの頭を両方からはさんで引き出します。

■計画分娩■
前もって出産日を決めておき、陣痛促進剤を使ったり、帝王切開などで出産する方法です。

■無痛分娩■
麻酔を使用して出産時の痛みを取り除く出産方法です。

■帝王切開■
経腟分娩が無理と判断された場合に麻酔を使っておなかを切り、赤ちゃんを取り出す分娩方法です。

出産方法もこうして見ていくと、緊急事態の場合も含めて、本当にたくさんの方法があります。
自分が望む自然分娩の方法を探して、そのときのために情報を集めておくといいでしょう。