子供を産み育てる環境?

育児の環境と電磁波?

高圧線と小児白血病の関係や携帯電話の健康への影響など、さまざまに憶測されている電磁波ですが、私は「電磁波」と聞くと、「TVやパソコンなどから出ている電波」だと思っていました。

しかし、それは、たくさんある電磁波のなかのごく一部でしかありません。家庭や職場、電車内や道路などの街なかも含めて、実は私達の周りには何種類もの電磁波が溢れています。

そもそも電磁波というのは、電気と磁気の両方の性質をもつ光速の波のことで、電気が流れるところには必ず電磁波が生まれます。この電磁波は周波数という1秒間に生じる波の数の違いで、放射線、光の仲間、電波というように種類が変わります。
また、周波数が非常に低い電磁波のことを「超低周波」といい、送電線や家庭用の電化製品から発生している電磁波は、これにあたります。

たくさんの種類がある電磁波ですが、空間を移動してゆくメカニズムは同じで、空間を伝わっていく波を作っているのは「電界」と「磁界」と呼ばれるもので、この2つが働き合ってからみ合いながら、電磁波は空間を進んでいます。

私達にとって最も身近なこの2つの電磁波が、体に悪影響を与えるのではないかと心配されているのが社会で問題となっている電磁波の中の「電波」と「超低周波磁界」です。

まず「電波」について一番心配されているのが、今やほとんどの人が持っている携帯電話です。この携帯電話には、電子レンジと同じ仲間であるマイクロ波が使われていて、電子レンジは早くから電磁波の影響が取りざたされ、 シールド技術などによって対策がなされています。しかし、携帯電話は直接頭部に密着させるためにいっそう配慮が必要であると思われるのに、まだ対策が十分とはいえないのが現状です。

もうひとつ心配されているのが、最近ニュースでも耳にするようになった「超低周波」です。
これは、主に送電線や家電製品から出ている、50あるいは60Hzといった周波数の電磁波が生む磁界がある場所、つまり高圧送電線などの周囲では、 子供の白血病の発生率が上がるとのデータが世界各国で報告されています。

電磁波が及ぼす影響

目には見えないけれど、電磁波は生活の中で身近に存在しています。
電磁波といっても、体で感じたり目で見えたりしないからあまり身近に感じられないものなのですが、もともとは、レーダーを扱う人々の間で、白内障や体の不調が頻発したことから、人体への悪影響が疑われはじめました。

高圧線が通っているところで子供に悪影響があるのではないかという疑いが生まれて、小児白血病の発症率の調査が始まり、大規模な調査の結果、これまで問題にしなかった弱い磁場でも、発症率が上がることがわかり始めたのでした。

それがきっかけとなって、もっと弱い磁場に囲まれた私達、一般の生活者の中でも問題になり、最近では「携帯電話」による脳腫瘍の発症などの調査も始まっているのだそうです。
携帯電話といえば、私達大人にとっては今やなくてはならないものになっているのですが、それが脳腫瘍の発症に関わっているとなると事態は、かなり深刻な気がします。

少し意外なことかもしれませんが、人間は体の中で、とても弱い電気を使いながら生きています。イオンの電気的な働きでコントロールされているものとしては、電気の信号が神経を働かせ、 細胞の間の色々なやりとりもそれによって行われています。

地球上にもともとある磁気や光などの自然界の電磁波の中で、長い時間をかけて進化してきた体の電気のしくみですが、人工の電気作用によって人体の電気作用が乱されている可能性があるのではないか?と問題視されています。

携帯電話やオール電化住宅も広まっていますし、家は電線に囲まれているような日本は電磁波だらけで、体への悪影響もまだよくわかっていないうちに、電気や電波の使用はどんどん増えてしまっているのが一番問題です。だからこそ、一人一人がこういった問題があることを知って、自分を守るために、そして自分の子供を守るために何ができるのかを考えてみる必要があると思います。

地球温暖化やエネルギー問題を考えるのと同じレベルの環境問題として、子どもたちを育ててゆく上で真剣に考えなくてはいけないと思います。
例えば、火が見えると危ないということで今まで調理器具がガスだったのを、IHクッキングヒーターに変えると、電磁波の悪影響も考えなくてはいけませんが、火を見ずに育った子は、その怖さを体感できないといった危うさも生じます。

電気が悪い、ガスが危ない...そんな偏った考えではなく、電気に囲まれた生活をもう一度見直した上で、どんな悪影響があるのか、考えていきたいですね。

家の中の電磁波

生活を便利に、楽しく変えてくれる家電から放出されている「電磁波」の健康への影響が問題視されています。
家電は、家中のどこにでもあるものですし、毎日、当たり前のように使っていますから私たち大人はもちろん、発達途中にある子どもたちへの影響も大きいと思います。

今、家庭の中には、当たり前のようにTVがあって、PCがあって、冷蔵庫があって、電子レンジがあって...新しい家電製品もどんどん出ています。
小さな家電製品も決して例外ではなくて、電磁波は発生源に近い程強く、使用する時間が長いほど悪影響があると考えられています。どの家電が危険なのかという判断は、身体に近いかどうかという点と、長時間使うものかどうかという点が目安なんだそうです。

子供に一番心配なのは、やはりテレビゲームでしょう。やりはじめると熱中してしまい、時間を忘れて子供達は、TVにかじりついています。これは、とても電磁波を浴びやすい環境です。
「ゲーム脳」と呼ばれるゲームが脳に及ぼす悪影響も問題になってきてますし、2重の意味で危険です。なるべくTVから離れること、ゲームは時間をきめてするように約束させるなど、気をつけてあげた方がいいですね。

あと、子供達にとって意外とリスクが高いのは、机の上の蛍光灯です。意外な気がしますが、これは比較的強い電磁波を出していますし、頭部に近いというのが問題です。特に、最近ではインバーターを搭載しているものが多くありますが、あれは一般的なものに比べて高周波を出しています。なるべく身体から離れる位置につけるようにしてください。

また、小さい子供だとコンセントに興味を持ちます。これもとても危険です。
コンセントやスイッチは配線が集まるところなので電磁波もいくらか強くなっていますし、何より感電の危険性もあるので、近くに寄ったり、触らせないように気をつけてくださいね。
意外と見落とされているのがオーディオ類やパソコンのケーブルについているACアダプターです。わりと普通に使われていて、コンセントに比べると、あまり危険性を感じていないものですが、これがけっこう電磁波が強いので、使わない時は、なるべく抜いておきましょう。

家電、電磁波はここに注意!

生活を便利に、楽しく変えてくれる家電から放出されている「電磁波」の健康への影響が問題視されています。
家電は、家中、どこにでも何かしらあるものですし、私たち大人はもちろん、発達途中にある子どもたちへの影響も大きいと思わないではいられません。家庭に溢れる家電製品の「電磁波」について、どんなことに気をつけて、どんな対策をとればいいのか、ちっょとした対策法を以下に並べてみました。

■電子レンジ
私達の生活に欠かせない家電の1つですが、安全基準が設定されている数少ない家電で、運転しているときは前面だけでなく、後側や横方向からもなるべく離れるのが基本です。

■蛍光灯照明
使用が長時間になる家電のひとつですが、比較的電磁波も強いのが特長です。
特に頭部に近くなる机の上の蛍光灯は、なるべく身体から離しましょう。
また、家庭内の照明はなるべく白熱灯にするなども対策のひとつで、省電力で人気のインバーターを採用しているものは、白熱灯よりもさらに高周波を出しているので注意が必要です。

■冷蔵庫
常時電源が入っているものなので、人が長時間過ごす場所との距離をチェックしましょう。

■電気毛布、ホットカーペット、こたつ
冬場には欠かせないものですが、肌への密着度が高く、長時間使用するため、距離や使用時間から考えると、危険性の高い家電です。
電源を入れたまま、つい、うたた寝をするなんてこともありますが避けましょう。あらかじめ温めておいてからスイッチを切って使用するのがいいでしょう。

最近では、電磁波をカットする対策がされた電気毛布やホットカーペットなども登場していますから、そういうものを利用するのもいいですね。

■電気カミソリ、ドライヤー
どちらも頭部にほとんど密着させて使うパワーの強い家電ですから、使用頻度、使用時間をなるべく短くしましょう。

■TV、ファミコン、ビデオ、CDラジカセ
電源を常に入れたままにしていることが多いオーディオ類ですが、使用しないときはコンセントを抜き、またACアダプターも要注意です。また、TVやファミコンは、子供が熱中し、長時間そばに寄りがちなので、なるべく離れさせるように注意しましょう。

■パソコン
本体の電磁波は弱いですが、仕事によって長時間使用することが多いかもしれません。なるべく長時間の使用を避ける、ディスプレイを比較的電磁波の少ない液晶にするなどの対策をとりましょう。

■掃除機
モーターを搭載している家電は漏洩する電磁波も強くなることが多いため、部屋を片付けてから手早くかけるようにし、なるべく使用する時間を短くしましょう。フローリングならぞうきんがけにするなどの工夫をしましょう。

■エアコン
身体から比較的離れた位置にあるものなので心配は少ないですが、電磁波は比較的強いので少なくとも身体から2mは離しておきましょう。最近のインバーターが搭載されているものは、高周波を発生させるので特に注意が必要です。

■IHクッキングヒーター
使用する時、どうしてもそばに立つし、調理時間によっては、長時間使用することもあるので、注意が必要でしょう。過熱には低周波に属する周波数の電磁波を使っています。かなり強い電磁波を出している家電ではありますが、電子レンジと違って、まだ電磁波対策は、ほとんどとられていません。

子育て環境とアレルギー

今や10人に1人といわれている花粉症や喘息、皮膚炎など、何らかのアレルギー症状を持っている人の数ですが、乳児の湿疹を含めれば、全体では20%を越すと言われています。

たとえば、何かに触れたり、吸い込んだり、食べたりといったことで、鼻水が出たり、皮膚が荒れたり、下痢をしたりといったことがアレルギーのきっかけになります。
しかし、同じ条件でも症状が出る人、出ない人などアレルギーの特徴は様々で、花粉症や喘息、アトピーなどアレルギーもいろいろですが、これらの反応は「免疫」と呼ばれる身体の仕組みから発病するものです。

麻疹に1度かかったことがある人は、2度とかかることはありません。
1度かかると、麻疹に対抗する「抗体」と呼ばれるたんぱく質や「リンパ球」と呼ばれる白血球の一種が増え、「免疫ができた」状態になり、病気を退治してくれるのです。
アレルギー発病のときは、このボディガード役であるはずの免疫が、外敵とぶつかりあうことで身体に害となる逆の激しい反応を起こすときなのです。

例えば、鼻の粘膜に花粉が付着したとき、免疫が「外敵」と判断すると、その働きによって鼻粘膜にいる細胞からヒスタミンという物質を放出させ、ヒスタミンは神経を刺激し、くしゃみや鼻水を発生させて外敵を追い出そうとするのです。

化学物質過敏症もこの免疫の働きにのって発症すると見られています。
アトピー性皮膚炎の原因に関しては、いろいろな考えがありますが、皮膚の乾燥や外部からの摩擦による刺激、食べ物と関連したアレルギーである可能性も高いと見られています。
特に皮膚の浅い部分の異常であることから、外部から侵入するアレルギーを引き起こす因子であるアレルゲン、つまりダニなどの関係が深いと思われます。

この「外敵」が増えたことが今のアレルギー症状をもつ人の増加につながっていると思われます。
住宅や家具などの洋風志向が進み、気密性の高いアルミサッシに、床はフローリングやじゅうたん、壁は空気を通さないビニールクロスで被われています。

そのため、風通しがなく湿度が高くなった住居には、ダニやカビがたくさん発生するつくりになっており、住宅建材や塗料、接着剤、洗剤、防虫剤、食品添加物や農薬、化粧品など...私たちのすぐ身の回りには、今や7万種類の化学物質が使われていると言われています。
常にこれらの刺激物にさらされ、気密性の高くなった家で暮らすわけですから、アレルギーの発症の原因にならない方が不思議なのかもしれません。

アレルギーは、乳幼児のころに最も気をつけてあげる必要があります。乳幼児の身体は、大人と比べてデリケートですし、乳児の腸はとても未熟で、食べたものが未消化のまま素通りすることも多く、そのため、消化されていない食べ物の中にアレルゲンがあると、免疫が外敵と判断してアレルギー反応を起こしやすくなります。
もうひとつは乳児の皮膚は、バリア機能がまだ弱いため、ダニや化学物質など外敵が容易に入り込んでアレルギー反応を起こしてしまいやすいのです。

一旦、発症すると完治が難しく、ひとつのアレルギーを起こしてしまうと他のアレルギーも併発するという厄介な傾向があります。
例えば、花粉症の人はアトピーになりやすかったり、同様に化学物質過敏症になる可能性が高いかもしれず、いわゆるアレルギー体質というもので、次に何が起きるのか、予測がつかないだけに辛いところでもあります。

ですから、アレルゲンに対して感受性が強い幼児期には、特に発症する前の予防がとても大切になってきます。
ダニやカビをこまめに排除し、乳時期の3大アレルゲンと言われる牛乳、卵、大豆はとらないようにする、化学物質を身近に置かないなど、普段からのしっかりした対策とどんな小さな異常も見逃さない努力が大切です。

子供と花粉症について

子供のための快適な空気環境を整えるということで、花粉症を取り上げてみたいと思います。

うららかかな春の日...みんな気持ちいい~って伸びをしているこの頃は、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど花粉症の人にとっては、マスクやティッシュが手放せず最悪の時期です。

最近では大人だけではなく、スギ花粉症では3歳から5歳で約5%、13歳から15歳で約15%が発症していて花粉症の子ども達も増加傾向にあるそうです。
安心して、ゆっくり過ごす家の中では、できるだけ症状を忘れて快適に過ごしたいものです。

そのためには、まず、花粉を家に持ち込まないことが第一です。
持ち込まないと言っても玄関を出ると風と一緒に部屋に入ってくるし、窓の開閉したときも同じで、とても気になります。とにかく、限界や窓の開閉は、最小限にして、換気口に花粉を除去できるフィルターをつけたり、フィルター付きの換気装置を利用して換気をするのがいいでしょう。

そのほか、帰宅したときは玄関前で服と髪をよく払ってから家に入ります。また、玄関ホールにコートハンガーを置き、上着はそこにかけ、リビングなどへは持ち込まないようにしましょう。

花粉を家に持ち込まないように、凹凸の多いウールは、特に花粉が繊維の間に入り込みやすく、綿よりも花粉の付着率が約10倍にもなるそうですから、服の素材にも注意をし、春の上着はトレーナーやセーター等ではなく、ジャケットやブルゾン等の簡単に脱げるタイプのものを着るのがいいですね。

花粉の季節は花粉が付着しにくい、化繊やシルク、綿などなるべくつるつるとした生地の服がを着て、帰宅時には、玄関扉の前で軽くはたいたり、携帯用の小さな掃除機を使うのもいいと思います。

また、洗濯物やふとんは、乾燥機や除湿器を利用して部屋干しにするようにしましょう。
外へ干す場合は、取り込む前に花粉をはたいて落としたり、高性能のフィルターが搭載された掃除機をかけ、できるだけ花粉を持ち込まない努力が必要です。ただし、室内干しの場合、換気にも気をつけないと乾燥機を使うと湿度が高くなる原因となります。

花粉は常に床に落ちていて、赤ちゃんは、必然的に吸い込みやすくなりますから、ベッドなど床よりもなるべく高い所に寝かせてあげてください。
もっと厄介なのが、床に落ちた花粉を足で踏んでしまったために砕け、もっと小さな「花粉塵」となることです。そうなるとますます空気中に浮遊し、カーペットや布団、ソファの繊維に深く入り込み、さらに取れにくくなりますから踏んで砕けてしまう前に掃除機でマメに掃除をして、ぞうきんがけをすると安心でしょう。

ハウスダストについて

ハウスダストと呼ばれる家の中のホコリは、その中に見えないダニ、その死骸やフン、カビ、花粉、ペットの毛や毛垢などが冷暖房などの空調や人の動きで空気中に舞い上がり、漂っています。

時々、日の光越しにホコリが舞っているのを見て、ギョッとしたりします。かと言って、息を止めているわけにもいかないですから、呼吸や皮膚から私達の身体に侵入し、鼻炎や皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギーの原因(アレルゲン)となるのです。
主に鼻炎、結膜炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎の発症に関係しています。

ハウスダストや気管支喘息の子どものほとんどがダニをアレルゲンとして、現在、鼻アレルギーの人の7、8割、アレルギー結膜炎の人の8割、気管支喘息の人の7割という高い割合で原因とされています。
また、アトピーは皮膚の浅い部分に異常がみられることから、アレルゲンは外から侵入してくるものと見られ、ハウスダストはアトピー性皮膚炎と関係が深いと考えられています。

ハウスダストは、人が室内で生活していくなかで、どうしても発生してしまうものですが、気密性が高い住宅が増え、そこへカーテンを下げてソファを置き、カーペットを敷く洋風のインテリアが普及したことも室内でダニやカビを発生させ、繁殖しやすい環境を作ることにつながり、ハウスダストの原因になりました。

さらに住宅密集地が増えて庭がある家は減り、気づかずに家のなかにカビがつきやすい観葉植物を置いていたり、ペット愛好家が増え、室内で飼うことも多くなったことなど、昨今の住環境は、ハウスダストの発生源がとても多くなったようです。

子供の身体と環境の変化

数年前までは、あまり見られなかった喘息、アレルギー、化学物質過敏症、電磁波過敏症などの病気が子供達の間で急増しています。生活環境の変化、身体的な変化と言えるでしょうが、これは、日本に限ったことではなく、世界的に増加傾向にあり、問題視されています。

年々深刻化しているのはアトピーや喘息の急増です。
喘息は、日本医師会の調査によると30年前は全小児の1%程度だったものが、今は6%で、6倍にも増えており、アトピー性皮膚炎も、2004年には子どもの3割がかかっているというデータがあります。

また、最近ではシックスクール症候群やシックハウス症候群などの化学物質過敏症も多く、注意欠陥多動性障害といって知能は正常ですが、学校では授業に集中できない、着席できない、順番が待てないなどの問題行動が起きやすくなる注意力、記憶力、集中力にかける行動障害や自閉症の増加も目立っています。

気になるところとして、男児の死産数が1970年代から急増しているといったデータがあります。
厚生労働省の人口動態統計によると、1970年代では女児に対する男児の死産比は約1.3倍だったのが、1990年には約1.9倍、2000年には2.1倍に増えていて、特に妊娠中期の12週から15週では、たとえば2002年では、女子死産483人に対して男子死産4840人と10倍になっているそうです。

女の子の胎児より、男の子のほうがリスクに対して敏感であることが要因だと言われており、言い換えれば母体から取り込んだもの、また生活環境そのものが無事に生まれた子供だけでなく、おなかの中にいる胎児にも大きく影響しているのだと考えられます。

男児の死産の増加以外にも、未熟児、先天異常児、発達遅滞、神経・代謝・免疫の異常、性分化の異常などがいろいろな健康異変がありますが、これから徐々に増加する傾向の見られるものに、口唇・口蓋裂、二分脊椎、ダウン症候群、尿道下裂があると指摘されています。

胎児、乳児、幼児の健康異変の原因は、遺伝的要素で両親のアレルギーをそのまま受け継いでしまうこと、生活環境、化学物質や電磁波、ダニやカビなどの外的な有害因子があげられます。
とくに生活環境とは衣食住だけでなく、親のタバコ、アルコール摂取の有無、ストレスなどが影響を及ぼします。

いずれにしても私達にとっては、とても身近なものであることがわかります。
1つでも自分で改善できることがあれば、改善に取り組んでいきたいものです。

シックハウス対策について

家を建てるとき、リフォームするとき、引越をするとき、気になるのが、子供たちだけでなく、大人も気をつけなければいけないのがアレルギーや化学物質過敏症の原因とも言われているシックハウスです。

新築やリフォームした住宅に入居した人が目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がする、など症状を訴える「シックハウス症候群」が問題になっています。
建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物が原因の1つと考えられており、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると健康に有害な影響が出るおそれがあります。

まめな換気と通気性を私達自身が日々、意識しなければなりませんが、最近の機密性の高い住宅ゆえの問題でもあると思います。

ホルムアルデヒドなど原因と対策がはっきりしているものに関しては、国が定めた建築基準法にある対策は整ってきましたが、ホルムアルデヒド以外の物質については、ここ1、2年で、どの材料からどのように出てくるか、どう対策をとったらいいのかなどがわかってきました。

それに対して材料メーカーが対応できるようになったのもごく最近のことです。すべての建築業者にそれが完璧に遂行されているかどうかは国の規制や業界の自主規制はあるものの、私達の個人レベルでは調べることもままなりませんから、やはり疑問が残ります。

では、シックハウスの被害者にならないためには、どうしたらいいでしょうか?
ひとつには、自宅を新築、リフォームすることになったとき、住宅業界のシックハウス対策のシステムをきちんと把握している住宅メーカーや工務店を選ぶことです。

また、『住宅性能表示制度』といって住宅会社と家を建てる側の間に立つ、第三者的な専門機関にシックハウス対策やそれ以外の安全面、耐久性などの対策がちゃんととられているかどうかの判断をしてもらうことです。この住宅の性能評価・検査を行う制度は、国土交通省が2000年から導入し、新築戸建て住宅については20項目、共同住宅は30項目に表示項目を決めています。

シックハウス対策の評価としては、ホルムアルデヒドの発生源のひとつである木質建材の使用状況や、換気設備を評価しています。

家を建ててからのシックハウス対策としては、ホルムアルデヒド以外のトルエン、キシレンといった化学物質は換気をすることでどんどん抜けていくので、通気、換気をよくしてください。
特に気温が高くなると揮発する量も増えますから、最初のひと夏は、こまめに窓開け換気をすることで、だいたい半年で揮発量が低下します。

シックハウス対策は、まず私たちが積極的に対策法を探って自分でできることを自分で実行することが大切です。また自分の手に負えない部分は、「シックハウス対策をとりたい」ということを、住宅会社や国に対して意思表示をすることが大切ですね。

新しい家具は子供に要注意

真新しい家具のニオイ、嫌いじゃないだけど、目がチカチカしたり、頭痛がしたり、気分が悪くなる...って人は、意外といます。これは、シックハウス症候群と同じく、それらの新しい家具からは、新築の建材と同じ、塗料や接着剤などの薬剤が揮発しているからです。

化学物質の発生源となりにくい家具を選ぶポイントとしては、無垢の木を使っているもの、あまり臭いのしないものを購入することです。
また、ホルムアルデヒドは水溶性なので、家具が届いたら水で絞った雑巾でしっかりと拭くといいそうです。食器棚などなら、水をいれたコップをしばらく入れておくと、ホルムアルデヒドが水に溶け込むので早く臭いが抜けます。

夏になり暑くなると、蚊やハエが多くなってきて退治するためにスプレー式の殺虫剤や蚊取り線香、燻煙式のものなどを使うことも多くなりますが、この殺虫剤の成分は、残留し続けるそうです。
クーラーをつけると、当然閉め切った室内になりますから、換気も十分に行われないままです。そんな中で高濃度の化学物質にさらされることになり、殺虫剤の使用をきっかけに、シックハウスの症状が現れる例も少なくありません。

洗剤や家庭園芸用の農薬など、危険性の高いものはまだまだたくさんあります。アレルギー体質の家族や、小さな子どもがいる家庭なら台所用、トイレ用、お風呂用と家庭用の合成洗剤は、できるだけ使わないようにするのがベストです。

ガスレンジは、使い終わった温かいうちに拭き取れば油は取れやすいですし、お風呂からあがるとき、ざっと水分をふきとったり、換気をしっかりすることでカビ予防になりますし、こうしたひと手間をかけることが安全に暮らす第一歩だといえます。