ハウスダストについて

ハウスダストと呼ばれる家の中のホコリは、その中に見えないダニ、その死骸やフン、カビ、花粉、ペットの毛や毛垢などが冷暖房などの空調や人の動きで空気中に舞い上がり、漂っています。

時々、日の光越しにホコリが舞っているのを見て、ギョッとしたりします。かと言って、息を止めているわけにもいかないですから、呼吸や皮膚から私達の身体に侵入し、鼻炎や皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギーの原因(アレルゲン)となるのです。
主に鼻炎、結膜炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎の発症に関係しています。

ハウスダストや気管支喘息の子どものほとんどがダニをアレルゲンとして、現在、鼻アレルギーの人の7、8割、アレルギー結膜炎の人の8割、気管支喘息の人の7割という高い割合で原因とされています。
また、アトピーは皮膚の浅い部分に異常がみられることから、アレルゲンは外から侵入してくるものと見られ、ハウスダストはアトピー性皮膚炎と関係が深いと考えられています。

ハウスダストは、人が室内で生活していくなかで、どうしても発生してしまうものですが、気密性が高い住宅が増え、そこへカーテンを下げてソファを置き、カーペットを敷く洋風のインテリアが普及したことも室内でダニやカビを発生させ、繁殖しやすい環境を作ることにつながり、ハウスダストの原因になりました。

さらに住宅密集地が増えて庭がある家は減り、気づかずに家のなかにカビがつきやすい観葉植物を置いていたり、ペット愛好家が増え、室内で飼うことも多くなったことなど、昨今の住環境は、ハウスダストの発生源がとても多くなったようです。