子供の身体と環境の変化

数年前までは、あまり見られなかった喘息、アレルギー、化学物質過敏症、電磁波過敏症などの病気が子供達の間で急増しています。生活環境の変化、身体的な変化と言えるでしょうが、これは、日本に限ったことではなく、世界的に増加傾向にあり、問題視されています。

年々深刻化しているのはアトピーや喘息の急増です。
喘息は、日本医師会の調査によると30年前は全小児の1%程度だったものが、今は6%で、6倍にも増えており、アトピー性皮膚炎も、2004年には子どもの3割がかかっているというデータがあります。

また、最近ではシックスクール症候群やシックハウス症候群などの化学物質過敏症も多く、注意欠陥多動性障害といって知能は正常ですが、学校では授業に集中できない、着席できない、順番が待てないなどの問題行動が起きやすくなる注意力、記憶力、集中力にかける行動障害や自閉症の増加も目立っています。

気になるところとして、男児の死産数が1970年代から急増しているといったデータがあります。
厚生労働省の人口動態統計によると、1970年代では女児に対する男児の死産比は約1.3倍だったのが、1990年には約1.9倍、2000年には2.1倍に増えていて、特に妊娠中期の12週から15週では、たとえば2002年では、女子死産483人に対して男子死産4840人と10倍になっているそうです。

女の子の胎児より、男の子のほうがリスクに対して敏感であることが要因だと言われており、言い換えれば母体から取り込んだもの、また生活環境そのものが無事に生まれた子供だけでなく、おなかの中にいる胎児にも大きく影響しているのだと考えられます。

男児の死産の増加以外にも、未熟児、先天異常児、発達遅滞、神経・代謝・免疫の異常、性分化の異常などがいろいろな健康異変がありますが、これから徐々に増加する傾向の見られるものに、口唇・口蓋裂、二分脊椎、ダウン症候群、尿道下裂があると指摘されています。

胎児、乳児、幼児の健康異変の原因は、遺伝的要素で両親のアレルギーをそのまま受け継いでしまうこと、生活環境、化学物質や電磁波、ダニやカビなどの外的な有害因子があげられます。
とくに生活環境とは衣食住だけでなく、親のタバコ、アルコール摂取の有無、ストレスなどが影響を及ぼします。

いずれにしても私達にとっては、とても身近なものであることがわかります。
1つでも自分で改善できることがあれば、改善に取り組んでいきたいものです。