家事と育児の両立生活

ワーキングマザーにとっての「夫の役割」

「家事や育児を妻任せにしていませんか?」そう聞かれて、ドキッとする男性は多いと思います。
ここ数年、少子化問題で夫の役割が注目されています。それは、家事、育児が妻に集中しすぎていることが影響していると指摘されているのです。

「子供が欲しい」と考えていた夫婦のうち、夫の休日の育児・家事時間が増えた夫婦は、減った夫婦より子供が多く生まれているというの厚生労働省の調査もあります。

実際はというと、6歳未満の子供がいる夫婦の育児・家事の平均時間は、平日だと共働き世帯、妻が専業主婦の世帯とともに、夫の育児・家事時間は、あまり変わらず1時間に満たないというデータがあります。
さらに日曜日ですら共働き世帯で3時間余り、妻が専業主婦世帯で4時間あまりに増えるものの、妻に家事・育児を大きく依存していることがわかります。

外国では、5歳未満の子供がいる夫の育児・家事時間は、平日と休日合わせた平均でアメリカが2時間36分、イギリスが3時間12分、スウェーデンが3時間42分、日本は、1時間40分なので、かなり低水準と言えますね。

なぜ、夫の育児・家事の時間が少ないのでしょうか?
理由の1つに「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という分業意識が強いことが上げられます。
日本では、こうした分業に賛成が57%、反対が38%で、フランスでは71%、スウェーデンでは91%が反対と答えています。こうした点からも日本の分業意識が根強いことがわかります。

もう1つは、男性の働き方です。
30代の男性の4人に1人が週60時間以上働いていて、その分、育児・家事をする時間は減ることになります。スウェーデンでは、男女とも約7割が午後6事故路には帰宅し、フランスでは男性の半数が午後7時頃までには帰宅するといいます。日本では、男性の6割超が午後8時以降の帰宅で午後10時以降の帰宅組も3割近くあります。

夫の育児休暇取得もきわめて低く、その理由としては「自分以外に育児をする人がいた」「業務が繁忙」「職場に迷惑をかける」「筧が苦しくなる」「マイナス評価につながる」「どのような評価につながるか不明確である」といった職場に対する遠慮や査定に影響するのでは?という不安が低率の背景にありそうです。

これは、企業の体制づくりや配慮がまだまだ足りないせいだと感じますし、行政ぐるみで、これから是非、意識改革をしてもらいたいと思います。育児は、子供が笑っている間だけが育児ではないですし、泣いたり、怒ったり、調子が悪かったり、そんな人間としての営みすべてを含めて子育てですから、泣き出すと、とたんに育児放棄するパパがいますが、それはルール違反です。

子供を2人で慈しみ、育てていく責任は、親として、どんな理由をあげても太刀打ちできないほど、大切で重いものだと思います。

育児に不可欠な「家事の分担」

働くママの身近な強い味方は、やっぱりパパだと思います。
帰りが遅かったり、疲れてそうだな...と思うこともあると思いますが、それは、ママも同じです。
仕事を持つ二人だからこそ、わかりあえる部分も多いはずですし、仕事内容は違えど、ストレスもたまるし、よく話し合って、どんどん手伝ってもらいましょう。
二人で協力して子育てをする...これが一番です。

■夫婦の労働時間
パパには、休日にこれを手伝って!と甘えてみるのもいいと思います。せっかくの休日だから、ゆっくり休みたい...と思うのは、パパもママも同じです。子育てにも家事にも休みはありませんからね~。

■得意・不得意がある
家事を協力してもらおうとすると、全く料理が出来ないという人もいるでしょうし、また料理はとても得意だけど洗い物は苦手という人もいると思います。
家事もゴミだしなど簡単な事もありますし、得意・不得意を考えて家事の協力をしてもらいましょう。また、折りを見て、その苦手を克服してもらうという手もありますよね。

案外、できないと思っていても、やってみると楽しくなって、料理が大好きになったパパもいますよね。こないでTVでこれと同じケースを見ました。その番組では料理が大好きどころか、凝りすぎて困っているという相談でしたが・・・(笑)

■感謝の気持ち
せっかく協力してくれたのに、それが日常的になってきてしまうと、お互いに当たり前のようになってしまいます。
そうならないためにも、いつも『ありがとう』の一言を忘れないようにしたいですよね。

「育児の分担」も忘れずに

家事に比べて、育児の方は、なかなか旦那さんの参加が少ないのが実情です。
特に赤ちゃんの頃はどうしてもママといる時間の方が多いから、多少はしかたないのかなとも思いますが、ママではなく、パパにしかできないこともあると思います。

また、そこからパパがよりパパらしくなれるきっかけ作りができると思います。
ぜひ、パパに育児参加をしてもらって、子育ての大変さと幸せを知ってもらって、子供との関わりを深めて欲しいと思います。

■おむつ替え
オムツ替えが出来ないパパも多いと思いますが、いざとなった時に替えられるように練習しておくと、ママが不在の時に慌てずに済みます。このおむつ替えは、1番の子供とのスキンシップだと思います。
不快で泣いていた我が子をそれによって笑顔にしてやれるのですから、パパも満足感が味わえますよね。

■お風呂
お風呂は、パパが担当というお家も多いと思います。うちもそうです(笑)。ただ遅い時間になり過ぎないように、子供達をお風呂へ入れてあげましょう。これも親子の大切なスキンシップですね。

■遊び
パパにしかできない遊びもあると思います。
激しい動きが出来る年齢になってくる頃になってくると、パパの出番も多くなります。特に男の子などは戦隊物のごっこ遊びなど同性のパパの方が関わりやすい遊びですので、積極的にお願いしてみましょう。

■園の送り迎え
園の送り迎えはパパ・ママどちらが早く帰宅できるかによりますが、ママばかりではなく、パパも早く帰宅できる日があれば、迎えにいけるとママの負担も軽くなりますね。
正直、これが一番助かります!(笑)

病児保育施設をうまく使おう

子供が病気になってしまって、どうしても仕事が休めないとき、子供を預かって、医師・看護師・保育士・栄養士が症状に合わせた看護や保育をしてくれます。
知っておくと、いざという時にとても役に立ちますよ。

■まずは登録しましょう
当日でも登録できるのですが、まずは施設に行って、事前に登録をしておきましょう。
登録時には、時間が掛かることを頭に置いておきましょう。

■利用したい日にはどうすればいい?
当日電話で予約を入れ、事前に確認を入れます。
施設に出向き、まずは診察になります。診察して看てもらえることが出来れば、そこで預けることができます。

■どういう状態でも大丈夫なの?一日はどうやって過ごすの?
風邪などのほか、おたふく風邪や水疱瘡などの感染症の子も預かってもらえます。感染症の子は別室で預かってもらったり、安静が必要な子は安静室が設けられています。
病状に合わせてゆったりと過ごします。昼食もその子の症状に合わせて作ってくれます。

■どこにあるの?
全国病児保育協議会加盟施設一覧表がありますから、お住まいの地域で探してみてください。

家事の手を上手に抜く!

仕事と家事と育児...どれもちゃんとやりたいと思うけれど、全部を完璧にこなすのは、絶対に無理ですよね。でも、だからといって、どれかを放棄するわけにもいかないし...

そういう時は、ちょっと考えて、上手に手を抜く方法を考えましょう。

手を抜きやすいのが、やっぱり家事だろうと思います。
電子レンジクッキングをしたり、前日に仕込みをしておいて、翌日に温めるだけとか揚げるだけというようにしておくと、時間もかかりませんね。

また、ハンバーグやコロッケなどをたくさん作っておいて、小分けして冷凍しておくというのもいいですね。
スパゲティーのミートソースの缶詰を肉料理のソースとして使ったり、めんつゆを煮物に使ったり、ミックスベジタブルを使ってオムレツや野菜炒めを作ったり、冷凍食品にひと手間掛けて...といったふうにいろいろ利用できるものは、たくさんあると思います。

また、料理そのものを作るキッチンも整理整頓した方が効率が上がることもありますね。
調味料やお鍋、おたまやフライ返しなどの調理小物などがごちゃごちゃしたキッチンや食器を取り出しにくいと導線に無駄が出てきます。お料理の効率を上げて、余った時間を有意義に使うためにも休みの日に一度、キッチンの見直しを行ってみましょう。

カウンターワゴンがあれば、収納力もあり、作業もしやすいですし、冷蔵庫の上、調理台の上などのちょっとしたスペースを収納場所として使うのもいいと思いますよ。