病児保育施設をうまく使おう

子供が病気になってしまって、どうしても仕事が休めないとき、子供を預かって、医師・看護師・保育士・栄養士が症状に合わせた看護や保育をしてくれます。
知っておくと、いざという時にとても役に立ちますよ。

■まずは登録しましょう
当日でも登録できるのですが、まずは施設に行って、事前に登録をしておきましょう。
登録時には、時間が掛かることを頭に置いておきましょう。

■利用したい日にはどうすればいい?
当日電話で予約を入れ、事前に確認を入れます。
施設に出向き、まずは診察になります。診察して看てもらえることが出来れば、そこで預けることができます。

■どういう状態でも大丈夫なの?一日はどうやって過ごすの?
風邪などのほか、おたふく風邪や水疱瘡などの感染症の子も預かってもらえます。感染症の子は別室で預かってもらったり、安静が必要な子は安静室が設けられています。
病状に合わせてゆったりと過ごします。昼食もその子の症状に合わせて作ってくれます。

■どこにあるの?
全国病児保育協議会加盟施設一覧表がありますから、お住まいの地域で探してみてください。