ベビーシッターに頼もう

ベビーシッターは厚生労働省も認める在宅保育です。
実際に家に来て貰って子供の面倒を見てもらったり、育児の合間の息抜きとしても利用でき、一時的にも長期的にもベビーシッターは働くママにとって利用してみたいサービスですね。

「仕事の面接などでその間、子供を預かって欲しい」と仕事探しの時から、実際に仕事に出てみても「仕事で保育園のお迎えが行けない」「子供が早く帰ってきて一人で留守番できるかな」と色々日常で困った部分をサポートしてくれるのがベビーシッターです。

■料金体系
料金としては、1時間いくらという形で利用できます。その相場としては1時間1500円前後です。
会社によって年会費やシッターさんの交通費などが必要となります。

■シッターさんと意思疎通
事前に子供に関する情報を伝えておくとスムーズに行くと思います。
子供の今日の様子から、昼寝はするのか?どんな遊びが好きか?など自分の子供の情報は、細かく伝えておくことが大切です。

いくら経験を積んだシッターさんでも初めて預けるとなると情報不足ではよりよい保育ができません。笑顔で預けられるには、まず事前の意思疎通が大きな役割となってきます。

■どこで探したらいいの?
全国ベビーシッター協会のホームページで全国の協会加盟会社を検索できる他、冊子「ベビーシッター利用ガイド」を配布しています。(送料140円のみ必要)
タウンページで家の近くで探してみるのもいいと思います。

私も実際にタウンページで探してシッターさんに来てもらっていたことがあります。
子供の月齢によって、また相性なんかもあるのかもしれませんが、若いお姉さんよりは、年配の子育て経験のあるベテランシッターさんにすごく懐いていました。
私が見ていても、安心してお任せできる感じで、いつも同じ人に来てもらっていましたね。

もし、相性が合わないとか、ちょっとしたトラブルのあった時のためには、やはりそこそこの大きな団体、企業の方が対応は早いですし、内部教育もしっかりしていると思います。

まずは、実際にその会社へ出向いて話を聞くことをお勧めします。
会社の雰囲気、人の様子などを観察し、疑問点は、きちんと聞いておきましょう。こういう場合、女の直感は、なかなかあてになりますよ!(笑)