保育ママに頼もう

保育ママとは、保育士などの資格を持った人の自宅で少人数で預かってもらう在宅保育です。
正式名称は「家庭保育福祉員」といい、保育の場所は、保育ママの自宅の一室となります。仕事や、自分の病気などの時に利用できます。対象は、満3ヶ月より3歳未満の子供です。

■料金体系
料金としては、月額いくらという形で利用できます。時間を越えると追加料金が発生してきます。

■必要になるもの
子供の食事やミルク・おむつなどは各自で用意する形になります。
月齢に応じて食べ物(ミルク→離乳食→幼児食)なども変わってきますので、保育ママさんと相談しながら渡しておきましょう。

■どこで探したらいいの?
お住まいの自治体に問い合わせをしてください。

保育ママという制度、正直私は知らなかったのですが、保育園に比べて、家庭的な雰囲気で一人当たり3人程度と保育人数が少ない分、ほったらかしにされる心配がないのかも?

また、保育ママは資格保有者や経験者で、保育ママになるための研修や実習を修了した人でないとなれないのだそうで、特に病気の時には保育園は預かってくれませんから、その点においても知っておくとよいサービスだと思います。