食育とは

「食育」という言葉をよく耳にするようになりました。
食育とは、子どもの頃から食べものに対する興味を育て、生涯を通じて食の大切さを学び、規則正しい食習慣を身につけ、自分で自分の健康を考えて食べものを選ぶなど、健康で元気に過ごせるようになる力をつけることをいいます。

最近では朝食を摂らない子供が増え、大人もコンビニやスーパー、デパ地下などのお弁当やお惣菜で、カンタンに食事を済ませてしまう、また不規則な生活と偏食など、最近の生活習慣に警鐘を鳴らすものでもあります。

私たちの主食は、もともとご飯を中心に、魚や野菜、大豆から作る豆腐や納豆などの副食を中心とするものでしたが、第二次大戦後、経済成長をした我が国の社会情勢の変化により、畜産物や油脂などの摂取が増加し、たんぱく質、脂肪、炭水化物のエネルギー比率のバランスがとれているなど、バランスのよい「日本型食生活」という理想的な食生活になりました。

しかし、それ以降も、ますます欧米型の食生活に傾き、米の消費が減少し、脂質のとりすぎと炭水化物の摂取量の減少が顕著になっているほか、不規則な食事と偏った食生活の乱れが生じてきています。

このような偏った食生活のため、心臓病、脳卒中、がんといった従来「成人病」と呼ばれていたものが「生活習慣病」と言い換えられるようになり、それらの病気を抱える、または予備軍になりうるであろう肥満や糖尿病等などが若い世代の人たちに及ぶようになりました。健康で長生きできるよう、食生活の改善が急がれます。

食生活の変化の原因としてあげられるのは、パン食の普及により、手軽に準備できるパン食を朝食として取り入れるようになったことや塾通いやテレビの深夜番組などの影響により、夜ふかしの結果、朝食を抜いたり、適当に済ませてしまう。
また、残業や子どもの塾通いなど家族が揃って食事ができないことも多く、コンビニエンス・ストア等の普及により、24時間いつでも自分の食べたい時に、自分の好きな食べ物だけ食べられるようになったことなどにより、個食や孤食が増加し、いわば場当たり的な食事の習慣がついてしまったのも大きな原因と言えます。

さらに、食育が必要となってきた原因のもう1つに、昨今のBSEや食品の表示といった問題によって今まで当たり前のように思っていた食の安全・安心が、決して他人任せではなく、自分の目で確かめ、正しく判断することが必要になりました。また、人々のライフスタイルが多様になり、食生活も豊かになっている反面、食料自給率が低いという現実を受け、その向上につとめるという課題もあります。

このように私たちの食生活には、様々な問題がありますが、これらは、行政や産業側の努力だけではなく、国民自らが「食」について考え、正しい判断ができる力をつけるための「食育」が必要です。