管理人自己紹介

少子高齢化が叫ばれ、社会の急速な対応が求められている昨今ですが、少子化の原因の1つに女性の高学歴、社会進出、結婚よりも仕事を優先する女性が増えてきたことがあげられています。
もちろん、それだけではなく、結婚しても子供を作らないという選択をする人達も増えていると言いますし、逆に子供を産む環境として今を考えてみると、安心して子供を産んで育てることができる環境には、ほど遠い気がしてなりません。

法の改正や制度を作っただけでは、なかなかそれが定着するはずもなく、手続きが面倒だったり、会社組織の中で就業規則では認められていても実際にその制度を理解して、利用できる環境ができていないといった場合が多いようです。

私も2人の子供を育てながら仕事をしていますが、テレビなどで最近、「産む選択・産まない選択」といった少子化に着眼点を置きながらも、今の若い世代の心の内を見るにつけ、どちらがいい、悪いではなく、子供を産んで育てるメリット、デメリット、また仕事との両立の中で私が学んで来たことなど、ワーキングマザーとしての本音と不安、不満も取り混ぜて熱く語ってみたいと思います。